読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミャンマー 不動産 投資 [東京]

最小6万円でミャンマー不動産-リゾート別荘-の権利を永年取得可能<br />BHブルーハウス(bluehouse ミャンマー)の情報を東京支部会員の管理人がお伝えする非公式サイトです

BHミャンマー情報 【ミャンマーの歴史1】

一般的にいうと、ミャンマーという国は なかなか馴染みがない国だと思います。 これから投資しよう、ビジネス進出しよう、 そう考えるとき、どういう国がわからないと 不安になってしまいますよね。 なので、1960年代からの歴史を ざっとお伝えできればと考えています。 ミャンマーはつい最近まで軍事政権でした。 その軍事政権が始まったのが1962年。 ネ・ウィン政権といいます。 ネ・ウィン政権は農業を除く主要産業の国有化等、 社会主義経済政策を推進してきました。 昔のミャンマー社会主義国家だったのですね。 政治経済の勉強で習ったとおり、 社会主義国家の政策は閉鎖的です。 ネ・ウィン政権の閉鎖的経済政策等により、 ミャンマーという国は ・外貨準備の枯渇 ・生産の停滞 ・対外債務の累積等経済困難 といった問題が増大してしまいました。 その結果、1987年12月には、 国連より後発開発途上国(LLDC)の 認定を受けるに至ってしまいました。 LLDCの認定は ・所得水準が低いこと ・人的資源に乏しいこと ・経済的に脆弱であること。 という3つの条件を満たした国が認定されます。 簡単に言ってしまえば、 「非常に住みづらくて、国民が苦しい国」 ということになります。 そんな認定を受けてしまったものですから、 ミャンマー経済は長く苦しい時代を迎えることになりました。