読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミャンマー 不動産 投資 [東京]

最小6万円でミャンマー不動産-リゾート別荘-の権利を永年取得可能<br />BHブルーハウス(bluehouse ミャンマー)の情報を東京支部会員の管理人がお伝えする非公式サイトです

BH ミャンマーニュース「経済制裁全面解除へ・・・」

 
ミャンマー経済「開国」に沸く
米、制裁を解除 インフラ資金調達に道」
 
というニュースが取り上げられていました。
 
 
 
これまで旧軍政権に協力的だった企業や、現地有力人への経済制裁
 
解除されたとのことです。
 
 
 
今回の対象企業の中にはミャンマーで2番目に大きな銀行である
AYA銀行を抱えるマックス・ミャンマーも入っていました。
 
 
 
マックス・ミャンマーは現地で不動産なども扱っている、
 
年商200億円を越える大企業。
 
 
 
あまりの急成長ぶりに、2009年に軍部との癒着を疑われて、
 
経済制裁対象となっていたそうです。
 
 
 
今回の経済制裁解除を受けて、
 
米国企業が続々と動き出すかもしれません。
 
 
 
マイクロソフトは現地駐在員の事務所を設置することを発表していたり、
 
あのGEも医療や電気関係の事業に本格的に乗り出してくるとのことです。
 
 
 
工場誘致も続々と相次いで発表されていますが、
 
インフラ整備も進み、観光産業、飲食業界も盛り上がりをみせていくようです。
 
 
 
日本も含めた、外資系企業はコンプライアンス上の制約で、
 
現地企業との提携に二の足を踏んでいたのですが、
 
今回制裁解除された企業群を足がかりに、
 
商機を広げようという機運が高まっています。
 
 
 
 
 
外務省の調べによると、2012年の段階でミャンマー進出をしていた日系企業の数は45社でした。
 
それが翌年には155社、さらにその翌年には259社、現在では346社と、
 
ものすごいペースで進出企業が増えています。
 
 
 
日本では武家社会が崩壊し、様々な起業家を生んだ明治維新という大きな時代の波がありましたが、
 
ミャンマーでも同じように、ミャンマー維新とも呼べるような時代の大きな波が起きているように
 
思えますね。
 
 
 
大きな発展、急激な発展は時に怖くもありますが、
 
同時に楽しみでもある、魅力的な国ですね。