読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミャンマー 不動産 投資 [東京]

最小6万円でミャンマー不動産-リゾート別荘-の権利を永年取得可能<br />BHブルーハウス(bluehouse ミャンマー)の情報を東京支部会員の管理人がお伝えする非公式サイトです

ブルーハウス ミャンマー通信〜改めてミャンマーの魅力まとめてみました〜

こんにちは!
冬は寒くて活動が停止する管理人のHiroです。

 

11月に雪が降るとは思えませんでした。

日本はいよいよ寒くなってきましたね。

 

さて一方でいつ訪問しても暑いミャンマーですが、

気温も国の盛り上がりも最高潮ですね。

 

 

そんなミャンマーの暑さを思い出す時節なので、

ミャンマー経済の熱さを象徴するようなニュースをまとめていきましょう。

 

ミャンマーにおける1号店

「イオンオレンジNorth Okkalapa店」オープン!

 

ion-appbank-yono-1

 

あのイオングループが今年の9/30に一号店をミャンマーでオープンしています。

日本の安心・安全・高品質を前面に打ち出していくとのことです。

 

 

スズキが2018年に自動車製造を開始予定

5年間の法人税の免税や、分析ラボ用設備の輸入関税の優遇が受けられる

ティラワ経済特区で工場を建設中です。

 

ティラワ経済特区の先行開発区域には、

78社もの企業が世界中から参加しています。

 

 

カールスバーグがビール製造を目指す!

大手ビールメーカーである「カールスバーグ」と

ミャンマー飲料水メーカー「Myanmar Golden Star」が合弁事業契約を締結しました。

2社は「ミャンマーカールスバーグ」として

バゴー工業地帯ニャウンイン村の約22万平方メートルの土地に醸造所を設ける。

 

かなり大々的に動いているようですね。

 

 

2015年8月、キリンホールディングス

ミャンマー・ブルワリー社を買収

ミャンマーGDP成長率が8%を超え、人口も5000万人以上を抱え、

平均年齢もまだ若い、そんな国なのに人口一人当たりのビール消費量が、

年間で3.7リットルしかない国です。

 

ベトナムで41リットル、

タイで33リットル

 

この両者に比べても圧倒的に低いこの国の経済成長で、

ビール消費が飛躍的に伸びると踏んでの英断です。
ミャンマー・ブルワリー社はミャンマーにおいて

シェアの約8割を占める企業です。

 

特に主力商品『ミャンマービール』は国民的なブランドとして

認知もかなりのものです。

 

そこを押さえているというのはキリンの覚悟を伺えますね。

 

ちなみにこのミャンマービール

beer

 

日本では高田馬場駅付近にある、

ミャンマー料理のお店で飲むことができます。

 

高田馬場駅ミャンマータウンと呼ばれているそうです。

ご存知でした?

建設ラッシュがつづいている

外資系企業の進出ラッシュを迎えている一方で、

外国人に適した賃貸物件の供給量がまだまだ少ない。

そのおかげで今でも現地に不動産の建設ラッシュ状態です。

 

三菱東京UFJのレポートでも

 

外資進出増加によって、ヤンゴン市内では、

不動産価格と人件費が高騰するなど、

インフレ上昇圧力が高まっていることには注意を要する」

 

と、報告されています。

 

 

まだまだ紹介したいお話はたくさんありますが、

一部ご紹介いたしました。

いかがでしたでしょうか。

 

ミャンマーの熱さ、面白さが少しでも伝わると嬉しいです。

こんな国の不動産が6万円で持てたら嬉しいですよね?

ぜひ購入も検討されてくださいね。